FC2ブログ








上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




日曜日、梅雨らしい雨の休日である。
本日もPCと睨めっこ。
izuhakone.jpg

さて、画像は伊豆半島の中心部を走る私鉄をお借りしてのドラマ撮影
風景である。昨年のロケ終了から既に1年余り、時間の経つのはほん
とうに早いものである。先日も某ドラマ現場で当時のスタッフと再会、
でも今回は日帰りコースだったので二言、三言を交わすのみだった。
どうして鉄道の話かというと、昨日が道路の話だったから…。
制作者にとっては道路と同様に鉄道(車内や駅舎)を使った撮影は、
これまた必要不可欠でありハードルが高い。今では全国のフィルムコ
ミッションの尽力や鉄道各社の深い理解と協力があり、撮影し易い
環境にはなってきたと聞く。
しかしである。そうは言っても鉄道はそもそも旅客や貨物輸送が主た
る目的であって、撮影はむしろ目的外使用なのだ。
安全性はもとより、一般客の理解なくして成立できるものではない。
5年前をふと思い出した。ある関係者から「君たちの取組みは理解
できるが、各論部分では問題が多すぎる」と叱責されたことがあっ
た。そこで最初は難易度の低い案件から実績を重ね、ことあるごと
に三者協議、そして画像のよう車両をチャーターしホームや車内で
の撮影を成立させるに至った。
とくにこの路線は、単線でありながら20分間隔で運行しているた
め、空きダイヤに組み入れることが簡単ではない。
鉄道会社の理解と協力がなければ到底不可能なことであるが、見事
に撮影は成立した。この作品では田舎から都会へと繋がる大事なよ
りどころとして電車があった。連続ドラマという特性上お世話にな
った日数は延べ5日間位はあったろう。
辛く厳しい現場ではあったが、今思うとチャレンジした甲斐があっ
たなぁ…。(筆者的には大好きな作品である)
こうして今では、伊豆の交通各社の協力体制は全国見回してもトッ
プクラス。電車、バス、船と全て揃っているのだ…。
「あれっ?」何か足りない…。
そうだ、飛行機が足りなかった。
伊豆には飛行場や飛行機はどこにもない…のである。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 ようこそ、風景の画廊へ・・・, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。